ホームページとサイト

インターネット用語は様々ですが、ホームページとサイトなどの違いは少しわかりづらいようです。
WebページというものがWEB上の情報ページのことでハイパーテキストシステムを使ってできた単体のものと言えますが、これは単に1ページ1ページを指すもので、ちょうどノートの中の1枚の紙と言えるようなものです。
たくさんの情報を載せたいときは1枚だけでは足りずにいくつかの情報ページをまとめて見やすくすることが多いので、WebページをまとめたものをWebサイトと言います。
ノート一冊のような感じです。
一般的にサイトと言いますと、このWebサイトのことを指すことが多いのですが、他にもFTPサイトなどがあります。
またホームページという言葉も大きく2つの意味があります。
元々はWebブラウザーを起動したときに最初に開くページのことですが、各Webサイトで一番上位にあるトップページのことをホームページと呼んだり、通常の情報ページそのもののことをホームページと呼ぶなどのように、表現自体が広がり、現在に至っています。
「〜のホームページを見てください」などという時にはそのWebサイトのことであったり、Webページのことであったりと曖昧に使われていますが、しっかりとした使いわけではなく、ホームページもWebサイトもWebページもサイトもほぼ同義でつかわれていることが分かります。
このへんは会話の中でどんな事を言っているのかが分かれば良いのではないでしょうか。
慣れてきますと、問題なく理解できるのですが、あまり知らない状態で聞いていると、少し分かりづらいのも納得できます。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.