ハイパーテキストとは

ハイパーテキストと言う言葉がありますが、インターネットの仕組みということで良く知られています。
WEB上で使うとインターネットということになりますが、それ以外にも文書作成ソフトや表計算ソフトなどにも用いられることがあり、コンピュータを使う上では非常に便利な仕組みになっています。
直訳すると「テキストを超える」となりますが、コンピュータで使うテキストは主に文字で出来た文章のことを表し、さまざまな飾りをなくした、ただの文字のみの事をテキスト形式と呼ぶことから飾りのない通常の文章と言えます。
「超える」ということで通常の文字のみでは出来ないことを差すことになり、文字どうし、もしくは文字と絵などをつなぎ合わせ、連携を持たせるようにしたものを呼ぶようになります。
これを、ハイパーテキストと呼び、前述のインターネットで良く使われるリンクになります。
これは文書からその他の文書へのリンクをつなげることも出来るので、会社内の重要文書どうしを関連付け、他ソフトへの誘導にも使うことが出来ます。
良く使われるメールでもリンクをつけることが出来るのですが、他の人から来たメールでは気をつけなければなりません。
よく知る人や安全を確認してからのリンクは問題無いのですが、リンクをたどって簡単に誘導できることもあり、知らない人からのメールや怪しいメール内のリンクを使うことはお勧めできません。
これはメールを使う人全員にしっかりと意識をして使っていただきたい事でもあります。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.