WEBサイトの制作

サイト制作について簡単な流れを確認してみます。
まずはそのWebサイトが何のために作られるのかを第一に考えます。
要するにサイトの目的です。
どんな人向けでどんな人に来てもらいたいのか?
どのような情報を載せていくのか?
他の媒体DM配布などではなくWEBにする理由は何なのか?
このへんを踏まえて実際に一番伝えたい内容をしっかりと考えることが大事です。
商売のためのサイトであれば、お客さんが店に来てくれたり、商品を買ってもらえるようなきっかけとなる情報を載せたり、競合する他社と違う点などをアピールしたり、などです。
これらを基準とし、さらにそれ以外の情報も載せた方が良いです。
Webサイトを見に来てくれる人は必要な情報だけではなく、それ以外にもちょっとした内容が載っているとさらに興味を持ってくれる可能性が高いからです。
サイト運営にあたっては更新についても考えないといけません。
一度作ったらそのまま、では見てくれる人はどんどんと離れて行ってしまうので、随時更新する必要があります。
最近ではWebサイトを見る形式がパソコンだけではなく、スマートフォンを利用して見ることも多くなってきました。
このことから、パソコン用の画面なのかスマートフォン用の画面なのかその両方で使えるようにするのか?
など、利用頻度の高いと思われるデバイスに焦点を絞るのも必要かもしれません。
情報が多くなる場合などはただ増やすだけでは制作する方も見る方も分かりづらくなってしまうのでサイトマップを作り、これをもとに他のページを関連付ける方法が良く使われています。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.