インターネット上でのデータのやり取り

インターネットを利用しているとHTTPという言葉を目にすることがあります。
ほとんどのWebページではアドレス部分がHTTPから始まる形式になっています。
これはハイパーテキスト・トランスファー・プロコトルの省略形で、主にインターネット間で情報の送受信に使われるための仕組みの事になります。
1990年前後に開発されたもので基本的には普通のテキストデータを使い、ブラウザー側からコマンドを送ると、それに応じた結果がサーバー側から送られてきます。
送られてきたHTMLやJPEGといったデータをきれいに形成して見せるのはブラウザーの仕事になっています。
世の中にはテキストしか表示できないWebブラウザーも存在しますし、必ずしもすべてのWebブラウザーで同じように見えることが保障されているものではありません。
特徴としてプログラム自体がシンプルなため、使いやすいのですが、買い物サイトなどでは、これだけでは不十分で、別途cookieなどの技術を組み合わせることで複数回のやりとりをうまく行っています。
また、HTTPではデータが暗号化されていないため、通信経路のどこかで内容を知られてしまう危険性もあるため、個人情報などをやり取りする必要がある場合などでは、暗号化して送るHTTPSという仕組みを使うことが多くなっています。
現在ではWEBを使った犯罪はとても多様化しているため、ショッピングなどを行う際にはこのHTTPSの形式を行っているかどうかをしっかりと確認してから進めるのが必要とされています。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.