ホームページ閲覧時の注意

インターネットを利用することになると、多くの場合ホームページを閲覧することになりますが、見るだけではほとんど無害のページでも、クリックなどの操作はとても重要になります。
見た目だけでは違いは分からず、ウイルスを配布するなど悪意のあるホームページに遭遇してしまう場合があります。
典型的な手口としては、有名なソフトのダウンロードのリンクなどを悪用し、無害なソフトのダウンロードに見せかけてウイルスをインストールさせようとしたり、省庁や企業などの公式のサイトを改ざんし、ウイルスを埋め込んだりすることがあります。
特に公式のサイトなど、元は当然悪くないのですが、そういった対策にお粗末だと改ざんされてしまう可能性が高いのです。
利用者はこういった危険が常にあることを意識したうえでWEBを利用しないと被害に遭ってしまうことになります。
当然なこととしてウイルス対策ソフトの導入とソフトのアップデートをしていないと、被害に遭う確率が跳ね上がります。
物理的な操作が重要と言うよりも実はセキュリティの意識が低いことが大きな原因でもあります。
どのような危険が潜んでおり、どのような操作が危ないのか、また被害に遭ってしまったらどうすればいいのか、などを日頃からきちんと考えておくことが重要だと言えます。
実際にワンクリック詐欺などに遭ってしまった場合、請求が来ても決して支払いをしてはいけません。
このようなこともちゃんと頭に入っていれば対策出来るのですが、実際には被害に遭う方が、後を絶たないことの方が問題なのです。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.