電子マネーとは

電子マネーを使ってショッピングなどの決済をすることがあります。
わずらわしい小銭を持たなくても簡単な買い物や大きな買い物もできる電子マネー。
便利で使っている方も多いです。
2000年代以降、電子マネーのサービスも多様化し使いやすくなってきたことから、利用者も増えています。
ただ、やはりさまざまな店舗で利用できるようになるには、小売店にまでインフラが行き届かなければならず、決済システムなども必要になり、設備投資も大きくかかることから、比較的流通システムが出来ている、コンビニや百貨店などが実際の使い道になっています。
個人の店舗などでは使えるところと使えないところが出てきてしまいます。
インターネットの支払いはどうでしょうか。
インターネットの普及に伴い、WEB経由の支払いなどは非常に増えてきました。
電子商店街やオンラインゲームの支払い、ネット上のサービスを受けるための費用などは、実際の貨幣を置き換える必要がないため、ハードルは低いと言えます。
これらの利用目的で電子マネーを使う方も多くなっています。
ただ、気をつけていただきたいのが、これらプリペイド型および仮想マネー型の電子マネーには有効期限を設定しているものがあります。
利用しないで一定期間を経過するとその価値が失われてしまうのです。
また、経済学上における「通貨」ではないことから、実際の利用者は通貨の様に使っているのですが、発行企業が倒産した場合などはその価値の一部または全部を失ってしまうリスクも知っておかなければなりません。

Copyright (C)2018インターネットの仕組み.All rights reserved.